|ニュース|定番案内|小諸旅企画|食べ歩き|小諸LINK|Column|信州酒街道|


2005年12月の話題

・ ガラス片混入の恐れあり。(12/19)

 7月に国産ワインコンクールで金賞を獲得した3本を含むマンズワインの750ml瓶を使ったソラリスシリーズが、瓶詰め機との不適合により口の部分が欠けてガラス片が混入しているおそれがあり、すべて回収されるそうです。

プレスリリースへのリンク 

 そのほとんどが、信州東山カベルネソーヴィニオンや、信州小諸メルローなど、評価の高いものばかり。本当にもったいない。

 私がいつも利用している地元の酒屋さんにも、回収の指示があり、在庫分も含めて販売できません…と、言われました。

 私もこれまでに十数本の該当ワインを開けていますが、一度もそのような瓶に当たったことがありません。酒屋方の話では、ガラス片混入の可能性は0.14%(私の聞き間違いでなければ…です。)とのこと。しかし、危険性があるからには即時回収をするというのは、もったいないなと思うと同時に、安全な飲食品を提供することも食品会社の使命であるわけですから、誰もガラス片を飲み込まないうちに、全数回収できることを願うばかりです。

 回収したワインは廃棄処分になる…という話も酒屋で聞きました。本当?!本当ならもったいない話です。検査で合格となった製品の再出荷を願うところです。小諸ワイナリーで限定販売しないかなぁ。

個人的には、未体験の信州東山カベルネソーヴィニオン2001を売ってほしい…。

追加情報…JALファーストクラス情報(ここにあるように、安全を確認して再度提供すれば問題ないと思うんですけどね。… 追記、再提供されたようです。)

・ 市内南部で火事が続発(12/1)

 最近、市内の南部で火事が続発しています

 森山、市、和田、御影と、私が知るだけでも4件。東信地域は晴天率が高いことで有名ですが、それは即ち「乾燥している」ということでもあります。

 例年以上に冷え込んでおり、一晩中暖房をつけたまま…という家庭も多いかと思いますが、火の元に注意して冬を乗り越えましょう。


 

以前のニュース

2006/1〜6 
2005/12 2005/8〜11(休刊) 2005/7 2005/6 2005/5 2005/4 2005/3 2005/2(休刊) 2005/1 2004/12 2004/11 2004/10 2004/9 2004/8 2004/7 2004/6 2004/5 2004/4 2004/3 2004/2 2004/1 2003/12 2003/11 2003/10 2003/9 2003/8 2003/7 2003/6 2003/5 2003/4 2003/3 2003/2 2003/1 2002/12 2002/11 2002/10 2002/9 2002/8 2002/7 2002/6 2002/5 2002/4 2002/3 2002/2 2002/1 2001/12 2001/11 2001/10(休刊) 2001/9 2001/8 2001/7(後半) 2001/7(前半)  2001/6 2001/5以前はこちら


since 2001/7/1


LastUpdate
04/06/03

ニュース

定番案内

小諸旅企画

食べ歩き

小諸LINK

Column

信州酒街道

酒呑み百姓の会

about
Komoro
Internet
Party

 

 


since 2001/7/1