|ニュース|定番案内|小諸旅企画|食べ歩き|小諸LINK|Column|信州酒街道|


2004年8月の話題

こもろドカンショ終了 (8/7)

 午後から降り始めた雨と雷は、午後4時には小降りになり、ライブ直前の午後5時には完全に止みました。
 そして、水木一郎ライブで始まったドカンショは、観客的には少な目でしたが、これまでにない盛り上がりを見せました。(極めて個人的な感想ですが…)


水木一郎・ドカンショ熱唱(2度目)バックでは小学校5年生がドカンショを踊る。


後ろ姿も凛々しい。


(左)鈴がリンリン鳴って涼しげ。(中)小諸JFCはサッカーボール持参(右)八朔相撲もいいねぇ。

毎年ドカンショを盛り上げているのは保育園・幼稚園や小学生ら子どもたち。 JAZZダンスの連は、鍛え上げた体が眩しいし、相生町は新撰組風でかっこいいし、芦中籠球部はドカンショの新作踊りにシュートの練習を組み入れているし、、、。ほんとうに、いいお祭りだと実感した今年のドカンショでした。

 

・ ひまわり畑の吸引力  (8/1)

 先週の土曜日、仕事上での情報収集と、久々の日帰りツーリングを兼ねて、新潟県津南町の観光ひまわり畑を見てきました。
 国道18号線を北上し、野沢温泉村から国道117号線を進み、栄村を抜けて津南町へ。
 国道にも、ひまわり畑への案内看板があるので安心感がありました。
 国道を折れて脇道へ。下ってくる車は半分が関東ナンバー。長野ナンバーもちらほら。約5分登った台地の上にひまわり畑はありました。


最近買った130万画素のデジカメにて。けっこう使えます。

 雰囲気は、山が迫っている御牧ケ原と表現すると想像しやすいかな。
 そんな畑の中に、小学校のグラウンド程の畑が三つあり、全面ひまわり畑でした。ひまわり畑はそれぞれ開花時期をずらすように作っており、七月下旬からお盆開けまで楽しめる工夫をしてありました。

 また、足場が組まれており、高い場所から『太陽を見上げるひまわり』が一望出来ました。 ちょうどお昼時でしたが、展望台は記念撮影の人達で大混雑。
 駐車場は500円で有料ですがほぼ満車。アイスクリームやかき氷、飲み物、お土産の屋台がズラリと並んでおり、とても賑わっていました。

  なぜ、津南町でひまわり畑なのか…というのがわがわからなかったのですが、佐久のコスモス街道も含め、花を活用した遊休農地の活用が出来れば、新たな観光資源に繋がるかもしれないと感じました。
 なんだかんだ言って、私たちも、結局、ひまわり畑を見た後で、地元の食堂でお昼を食べ、お金を落として来ましたし…。

 参考URL  http://www.tsunan.or.jp/


以前のニュース

2006/1〜6 
2005/12 2005/8〜11(休刊) 2005/7 2005/6 2005/5 2005/4 2005/3 2005/2(休刊) 2005/1 2004/12 2004/11 2004/10 2004/9 2004/8 2004/7 2004/6 2004/5 2004/4 2004/3 2004/2 2004/1 2003/12 2003/11 2003/10 2003/9 2003/8 2003/7 2003/6 2003/5 2003/4 2003/3 2003/2 2003/1 2002/12 2002/11 2002/10 2002/9 2002/8 2002/7 2002/6 2002/5 2002/4 2002/3 2002/2 2002/1 2001/12 2001/11 2001/10(休刊) 2001/9 2001/8 2001/7(後半) 2001/7(前半)  2001/6 2001/5以前はこちら

 


since 2001/7/1


LastUpdate
04/06/03

ニュース

定番案内

小諸旅企画

食べ歩き

小諸LINK

Column

信州酒街道

酒呑み百姓の会

about
Komoro
Internet
Party

 

 


since 2001/7/1