|ニュース|定番案内|小諸旅企画|食べ歩き|小諸LINK|Column|信州酒街道|


2002年9月の話題

・ 合併しない件に関する説明会(9/27)

 明日から「当面は合併しないことに決めた」件に関する住民への説明会が開催される草です。初日がねらい目なので、明日市民会館に逝く行く予定。午後7時から@市民会館3階大会議室です。

今後の予定は

  • 9月28日 市民会館三階大会議室 ◎
  • 9月30日 久保公民館
  • 10月1日 佐久浅間農協大里支所
  • 10月2日 芝生田区民会館
  • 10月4日 佐久浅間農協北大井支所 ◎
  • 10月5日 御影コミュニティーセンター
  • 10月7日 佐久浅間農協三岡支所 ◎
  • 10月8日 古城会館 ◎?

上記の日程で、19時開会、20時30分閉会の予定だそうです。
◎印は、近くに駐車場があって便利な会場です。?があるのは、記憶が…。

・ パン屋がパソコン教室に!(9/27)

 信毎に、チラシが入っていたので、もしや…と思い、行ってみたらあっさりとパソコン教室になっていました。


 もしも失業したら、パソコン塾でもやろうと思っていたのですが、知っている限り、市内で2件目。パイが小さいだけに厳しいなぁ。

・ 相生町に「立ち喰いそば」屋(9/27)

 駅そばは、好物の一つ。ですが、今回食べた「かけそば」ついては特にコメントすべき点はありません。次回は天ぷらそばに挑戦します。つーか、

「我が輩は『立ち食いそば』屋である、名前はない…

 だそうです。(私の独り言です、はい。)


時間がないときに、さっと食事を済ます店ですね。
 あ、営業時間を聞き忘れた。

・ 養老の滝、新展開(9/27)

 養老乃瀧店頭にこんなチラシが。そして営業時間中に店の前を通過したら「やきとり」と書いた大きな看板が。
 どうも、やきとりに重点を置いたメニュー展開を始めたようです。炭火で焼いたやきとりなら、扇屋が賑わっているので、養老も再度花を咲かせることが出来るかもしれません。
 個人的には美味くない料理を出されるよりはそこそこの味のやきとり(塩に限る)の方が、満足度高いです。ポストミナミ…にはならんでしょうが。
  P.S.ミナミは移転営業続行の意向だそうです。ヨカッタ


自然回帰水?海洋深層水のこと?つーかデカンタで水売るか?

・馬場裏(元さくら銀行〜長野銀行間)の工事開始(9/25)

 本町の一方通行化&歩道拡張の工事と併せて、味のある町並みを再現するための工事が馬場裏ではじまりました。


ここが通れないと、結構不便だったりします。

アスファルト舗装から、北国街道に似合うような道路舗装になるらしいです。
期待しましょう…。

・ さくら銀行改め「労金」(9/25)

 ただいま11月18日オープンに向けて改装中。

白土ばれいしょ(9/20)

 出張で出かけていたら、こんなニュースが
 じゃがいも、って日本人の食卓の上では主食になることはあまりないですよね、、ニョッキ(gnocchi:ジャガイモのパスタ)ぐらいしか思いつかない。
 まずは、白土ばれいしょをどのようにして売り込むか…ですねぇ。

  • カルビーとのコラボ企画…ポテトチップス「白土ばれいしょのプレーン塩味」と、「辛口の塩&七味(もちろん八幡屋磯五郎)味」を限定発売し、知名度アップを狙う。
  • ↑で使うジャガイモを「氷の風穴」で保存してから使い、「氷の風穴熟成」を掲げる…と。
  • 高峰高原・浅間山を売り出すため、東京の標高でパンパンに膨らんだ状態の「標高2000メートル・高峰と浅間山のポテトチップス」を売り出す。もちろん、現地に行くと「ポン!」と音を立てて袋が破ける…と。
  • コロちゃんのコロッケ屋で、期間限定「白土ばれいしょコロッケ」を発売、本物の旨さを実感して貰う。
  • 市内のお食事処全てで、白土ばれいしょを使ったメニューを提供する。
  • 観光協会とタイアップして「大杭のばれいしょづくり」ツアーを大々的に発表する。作った芋の一部を出荷して、現金収入が得られる仕組みを作る…。(ツアー参加費が、1.5倍になって帰ってくるかも…とか。ある意味先物取引…?。)
  • 湯楽里館の地ビールレストランで白土ばれいしょのコロッケと地ビールをセットにしたメニューを売り出す。(ビールにコロッケはあうからなぁ…。)

 こんなん出ましたけど…。
 そうそう、それと、そば振興も忘れずに。(知名度的にはぜったいにそばの方が有利なんですから…。)

・今週後半の動き・・・ダイジェスト(9/13)

・vioの胎動、その1

夜8時頃、前を通過すると、照明がついている。中を覗いてみたら、床の掃除をしていました。10月4日に向けて着々と準備が進んでいますね。

・vioの胎動、その2

相生町交差点を歩いているとこんなチラシが。どうも、大工原薬局さんが、 vio内で洋服のリサイクルショップを開くそうです。(このチラシを見るとViOとなっていますね。どれが正しいんでしょう…。

・道路ネタ

朝や夕方などは1キロ近く渋滞することもあるR141バイパス平原交差点。ここの一部拡幅工事が行われていました。本当なら四車線になるんでしょ?小諸市内初の一般道4車線化はいつになるんでしょうね。(小諸には四車線の道路は存在しないという事実…まぁ高速は四車線ですけどね)

・ふーどまつりですね。

 「ふーどまつり」が今年も開催されます。で、「元気になる」必要があるのは誰でしょう。

・旧こもろ東急の跡地利用

 旧こもろ東急の跡地利用の大枠(from信濃毎日新聞)が固まったようですね。
 これからは老人ビジネスが主流になるようですから、相生町が「巣鴨の地蔵通りおばあちゃんの原宿」 のようになれば、それはそれで中心市街地の活性化に繋がりますよね。

・イベント雑感(9/12)

 ある人が言いました。

 『イベントとは「イ」=内側のものを、「ベント」=吹き出す ベンチレーターと同じ吹き出すことです 内側に溜まった膿を出すには効果があるのですが 長続きしない…本質に近づくには別の仕組みが必要であろうと思うのです。』

 eventの語源をネットで調べると、ちょいと意味が違います。でも、言いたいことは良くわかります。
 小諸のまちおこし黎明期に行った、「ふるさときゃらばん」や「相生町」のミュージカル、ふれ愛ウォークなどは、非常に有効だったと思います。新しい人材を発掘し、小諸に新しい風を吹かせました。そのおかげで、今の私があり、小諸があるのだと思います。
 しかし、現在行われている各種イベントは「消耗型」です。体力を付けるため・・・ではなく、体力を使い切るだけ、本当に消耗戦です。
 後期のふれ愛ウォークがその最たる例ではないでしょうか。当初は1000人程度で開催されており、スタッフもJCを中心としたボランティアで運営。毎回キャンセル待ちが出るほどの盛況ぶり。発案したメンバーは、苦労しつつも、満足感があったとおもいます。
 そして募集人数を増やし続けた結果、最終的には5000人も参加するマンモスイベントに成長しました。ところが、時代は流れ、開催当初のメンバーが主催のJCから卒業。企画当初の夢やロマンを共有していたメンバーが抜けたふれ愛ウォークは、単なる巨大イベントと化し、大変な運営のみが残りました。自分達が楽める(肉体的にも、精神的にも、金銭的にも)。これがなければ、どんなに人気のあるイベントでも長続きしないでしょう。私だって苦労するだけのイベントには関わりたくないですよ。僅かでも+αを期待しています。

 「パソコンは目的ではなく道具です。」

私の持論です。これをイベントに置き換えたらこうなりませんか?

 「イベントは目的ではなく手段です。」

シンプルですが、斯くありたい。(自戒を込めて)

・「合併しない」の記事(9/10)

 合併問題に関する記事が、信濃毎日新聞掲載されました
 小諸新聞の記事はこちら。(9月19日まで見ることが出来るはず…)
 翌日開催された議会の全員協議会の概要はこちらです。 <リンクなおしました。
 これまでけっこう情報が交錯していましたが、わかりやすくまとまっていますね。じっくりとかみしめながら、何度も読み返しています。
  が、やはりこの中からは明確な将来像は浮かんできません。

・にこにこウォーク(9/9)

 最初は曇天で比較的歩きやすかったようですが、午後に降った夕立でかなりの参加者とスタッフがびしょ濡れになったそうです。


後平から浅間サンラインへ出るところで撮影。まだまだ元気。

 今回、中高生の参加が少なかったのが印象的。やっぱ夜じゃなくっちゃね・・・とか言うと、スタッフやる人に怒られそう。>スタッフ殿、お疲れさまでした。
 来年は「闇ふれ愛ウォーク」でも企画しますか?勝手に歩いて勝手にゴールすればいいんだし。

・こもろの未来予想図(9/9)

 某リカムの歌のようにロマンチックではありません。
 9日に小諸市議会が開催され、その中で小林俊弘市長が「小諸市は平成17年3月末までには合併しない(=財政措置など国からの優遇を受ける形での合併はしない)。ただし、それ以降の合併なら考えてもいい。」と表明しました。(多少ニュアンスが違うかもしれませんが、おおむねこんな感じ。)
 仕事柄、市町村合併には何かと注目していたのですが、ついに、この日が来たのか・・・という感じです。市長の答弁の詳細はわかりませんし、議員さんの反応も聞こえてこないので何とも居ない状況です。が、市町村合併懇談会は何だったの?・・・とも思ってしまいます。
 でも、

細かいことは抜きにして、合併をしない道を選んだ「小諸」の将来像を考えよう。

 と、友人と話しました。
 合併を「する」場合でも、「しない」場合でも、それぞれ明確に将来像を持たないと、これからの時代を切り抜けていくことは難しいでしょう。
 商業も伸びが期待できず、工業もホイホイと「企業誘致」できる時代ではありません。頼みの綱の浅間山に嫌われて「観光」も決定打に欠いています・・・。
 今、小諸が誇れる物は「歴史」ぐらいしか思いつきません。(発想が貧困だ・・・)
 これからが、頭の使いどころです。小諸の未来予想図をどのように描くのか。
 現在9月10日午前1:34分。なかなか寝られません。
      ↑いつも遅くまで起きてるだろ!と言わないで。 (T.T)

信濃毎日新聞当該記事

・最強のカツ丼(9/7)

 灯台もと暗しとはよく言ったもので、今日「高峰高原ホテル」で食べたカツ丼が強烈に美味しかったのでご紹介します。

 ご飯より具の方が多いかもしれません。カツはヒレカツで柔らかく、しっかりと味付けがされています。ちなみに、お値段は1200円ですが、ヒレカツであることと、このボリュームを考えるとリーズナブルだと思います。下界で薄っぺらだったり硬かったりするカツを使ったものを食べるよりも、美しい高原からの眺めとセットで食べるカツは十分に魅力的だと思います。
 ちなみに、夜の宴会の料理も良く考えられていました。まさかここでこんなに美味なイカと塩辛が出るとは思えなかった。(白米が食べたかったけど、なんと松茸茶漬けが出てきました。美味いけどねぇ、、、この刺身には白米でしょう・・・)
 聞く話によると、フランス料理のメニューは著名なシェフがチェックしていて、内容的にも充実。信州の田舎ではなかなか食べられないようなグレードだそうです。
 昼でもコースの料理を楽しめるとのこと。是非とも皆さんもご賞味あれ。

・vioは10月4日オープン(9/7)

 と、小諸新聞に載っていましたね。現在も職安で求人中とのこと。不景気の割に人が集まらないんでしょうか。
 何れにせよ、いろいろな店舗が入って活気づいてくれることを祈りましょう。
 当初噂されていたパソコン屋も入るのだろうか?食品関係は「つるかめらんど」らしいけど、品揃えがどんな感じになるのか・・・興味は尽きません。
 まぁ東急のような品揃えを期待してはいけないのでしょうが、各テナントは専門店なのだから、佐久ジャスコの隣にある「キッチンファーム」のような「通」な商品も並んでいる店を期待してしまう。だって、安物だけならホームセンターの方が品揃えがいいんですからね。

・万人向けではありませんが・・・・浅間山登山マラソン(9/6)

浅間山登山マラソンポスター

第2回浅間山登山マラソンが9月29日に開催されます。事務局は相生町商店街進行組合内。
ルートは、小諸駅前>浅間山荘>相生会館。距離23.3km標高差737メートルで、要は浅間山荘までを往復するという過激なマラソンです。
 ちょっと私には無理そうですが、脚力に自信のある方は挑戦されてはいかがでしょうか。

問い合わせ先 0267−22−2364 (平日10時から16時まで)

・黒醤麺・・・好みかも(9/6)

 どっちかというと、背油こってりラーメンが売りの店だと思っていた相生町の「藍屋」。
 この店に新しいすっきり「魚系」スープの黒醤麺が仲間入り。

藍屋メニュー黒板「黒醤麺」600円黒醤麺の写真

 これが旨かった。非常に旨かった。豚骨や背油などでコクのあるスープと醤油の組み合わせが主流?のラーメン界にあって、この魚介のスープの味は一線を画してますね。
 これにそば七のそばを入れて食べてもうまいかも・・・っていうぐらい、鰹の味がします。
 臼田の鳥忠の味が好きなら、これもまたうまいと感じるんじゃないでしょうか。そのぐらいお勧めかも。(といっても、好みの別れる味です。)
 惜しまれるのは、チャーシューがこのスープにマッチしていないこと。あと50円高くてもいいから、このスープに合うチャーシューを研究してほしいと思う今日のお昼時でした・・・。
 う〜む、一粋といい、藍屋と言い、小諸に美味しいラーメンが増えることは喜ばしいことだ。

・にこにこウォークは今週末!参加者は550人(9/3)

 こもろ眺望にこにこウォークの参加者は全部で550人になったそうです。
 ふれ愛ウォークの5000人(最後の頃は定員に満たなかったようですが)に比べると規模は小さいようですが、とりあえずふれ愛ウォークの「後継」イベントとして認知されていたんでしょうね。
  ちなみに参加者は女性の方が多く、最高齢の参加者は80歳代。もっとも多いのは小学生の190人のようです。25キロなら小学生にもちょうどいい距離ですしね。
 ふれ愛ウォークと違って中学生に人気がないのには驚きました。
 中学生ぐらいの年齢にとってふれ愛ウォークの魅力は「親公認で気の合う仲間と夜遊び(夜歩き?)できる」だと思っていましたので、市内一周、それも昼間ではあまり魅力を感じないんでしょうね。
 何れにせよ、市役所主催のイベントであるため、参加費は安い(1000円)し、「ビンゴ」などの遊び心も盛り込まれていてこれから人気が出るかもしれませんね。

・県知事選挙の投票率BBM !(9/2)

 BBMとはブロードバンドではありません。ブービーメーカーという意味。
 なんと小諸市は今回の知事選で県下120市町村中で最も低い投票率だったのだそうです。
 まぁ今回に限ったことではないらしい、、、、のですが。(小諸の市民性なんでしょうか?なんででしょうね、、、。)
 自分が納めた税金をどのように使ってほしいかを唯一意思表示できる「1票」を無駄にしないよう、皆さん投票に行きましょうね。
 #きっと、このサイトをご覧いただいている方は皆さん投票されているんじゃないかと思いますが・・・・。

・県知事選挙(9/1)

 前回知事選よりも好調な不在者投票者数に次いで、県選管発表の午前11時現在投票状況速報ではで県平均で3.82%、小諸は+4.31%も(前回が低すぎたという話もありますが・・・)アップしており好調のようです。出口調査情報などもポロポロと寄せられていてなかなか、、、、。
 さて、ワイドショー選挙などと言われ、全国的にも注目を浴びた今回の知事選を制するのは誰なんでしょう。

#頼むから開票が始まる前に当確出すのは止めてほしい>マスコミ各社

・英王宮の歴史美術館(9/1)

 やっとこ、本家のサイトを発見しました。

MasterPrintsCompany・・・「長野の美術館について」をクリック

ん〜、コメントしにくいなぁ。


以前のニュース

2006/1〜6 
2005/12 2005/8〜11(休刊) 2005/7 2005/6 2005/5 2005/4 2005/3 2005/2(休刊) 2005/1 2004/12 2004/11 2004/10 2004/9 2004/8 2004/7 2004/6 2004/5 2004/4 2004/3 2004/2 2004/1 2003/12 2003/11 2003/10 2003/9 2003/8 2003/7 2003/6 2003/5 2003/4 2003/3 2003/2 2003/1 2002/12 2002/11 2002/10 2002/9 2002/8 2002/7 2002/6 2002/5 2002/4 2002/3 2002/2 2002/1 2001/12 2001/11 2001/10(休刊) 2001/9 2001/8 2001/7(後半) 2001/7(前半)  2001/6 2001/5以前はこちら



LastUpdate
04/06/03

ニュース

定番案内

小諸旅企画

食べ歩き

小諸LINK

Column

信州酒街道

酒呑み百姓の会

about
Komoro
Internet
Party

 

 


since 2001/7/1