|ニュース|定番案内|小諸旅企画|食べ歩き|小諸LINK|Column|信州酒街道|


近頃の話題

・ 「ドカンショ」の季節(7/31)

 皆さん、小諸のおまつり第2弾「こもろドカンショ」が8月4日に開催されます。
 7月に開催される祇園祭(おみこし)に比べて、盛り上がりに欠けると言われているドカンショですが、新しい踊り方で踊る連や奇抜な仮装で踊る連など、個性豊かになってきていて楽しそうです。
 

・ 参議院議員選挙(7/29)

 皆さん、投票に行って来ましたか?
 そして、暑い中投票所で仕事をされている皆さん、御苦労様です。
 近年希に見る盛り上がり(マスコミだけ?)の国政選挙ですがどうなるのでしょうか。月曜日の事もあるので、まさか全議席の確定まで、開票結果を眺めているわけにもいきません・・・・え?(^_^;)・・・が、一眠りして目を覚ませば大勢判明。
 平成の大不況を改革で乗り越えると言う小泉自民党と、それを「見せかけの改革だ!」と追う野党。
 県選挙区では、民主党が改選2議席を確保するのか、それとも他党が議席を奪取するのか。
 うーむ、これじゃぁ寝ていられないじゃないですか。

・ 残念東信勢(夏の高校野球)(7/28)

 本日、決勝戦まで勝ち残った佐久長聖が、塚原青雲の好投手に抑えられ、1−4で敗戦、甲子園を目指した東信地区高校球児の夏が終わりました。
 今回は4番が、小諸市の芦原中学校出身、バッテリーは望月出身との事で、地元出身者がけっこう入っていたチームであっただけに残念です。私の周りにいる長聖野球部OBも肩を落としておりました。
 しかし、塚原青雲はすごいですね。昨年までは学校自体の存続も危なっかしかったんですものね。
 いずれにせよ、長野県代表ですから、ベストを尽くしてきてほしいです。がんばれ塚原青雲!

・ まちづくり車座集会@ほんまち町屋館(7/26)

 本日、本町で開催されたまちづくり車座集会に参加してきました。川越市の中心部、川越駅から2キロほどのところにある一番街で行われた、「蔵のまち」の地域おこしの先進事例を聴きながら、小諸の中心商店街の活性化を考えました。
 思ったよりも、意見が出なかったのと、参加者がちょっと少なかったのが残念でした。また、この件に関しては、次回の車座集会と併せて取り上げたいと思います。
 次回の車座集会は8月23日(木)午後7時から午後9時まで@ほんまち町屋館です。
 中心市街地に限らず、こもろ街の活性化に興味のある方は是非ご参加を!

・ 小諸事件簿・・続報(7/25)

 先日起こった強盗傷害事件ですが信濃毎日新聞の夕刊によると犯人が捕まったようです。犯人は6人組だとか。
 それと、被害者の女性も快方に向かっているとのこと・・・。
 今回は女性が被害に遭いましたが、6人に襲われるとすれば男性でも歯が立たないかも。
 何れにせよ、とりあえず犯人逮捕で一安心・・・ですね。

・ <私信>(7/25)

 海賊様・・・これは偶然です。だって、私は撮影してきた花の名前を親に聞くまで知らなかった大馬鹿者ですから(涙)。ほかにも撮影してきたけど名前が確実じゃないので紹介できなかった・・・というわけで、今回のオフィシャルサイトは非常に勉強になっていたりします(^_^;)。そんなこと言いつつ、この時期の高峰高原の取材は定番ですからね。外していたらクレーム付けてたりして・・・・って、ナイナイ</私信>

・ 小諸と佐久合同で・・・(7/25)

 現在、南ヶ原地区で稼働している「クリーンセンター」、いわゆるゴミ焼却場ですが、その使用期限が迫っています。
 その昔、裁判などの経過があって平成14年頃まで操業するとの約束があったそうなのですが、その前に、ゴミ焼却で発生する「ダイオキシン」の問題が発生。当初の約束を待たずして閉鎖が決定したそうです。市議会だよりによると当面は民間の焼却場へ持ち込むとの事。
 環境のためにも、税金の節約(^_^;)のためにも、ゴミの減量を心掛けたいですね。
 さて、そんな状況のゴミ焼却場問題がちょっと進展したとのニュースを読みました。信濃毎日新聞この記事です。
 ゴミ焼却場ですが佐久市と共同で建設する方向で検討するとのこと。その方が、効率がよいのかも知れませんね。そうなると、建設場所は佐久市とこもろの境でしょうか〜?
 

・ 小諸事件簿(7/24)

 またまた、こもろで物騒な事件が起きました。
 しなの鉄道小諸駅前の駐車場で女性が数人の男性に襲われ腹部を刺されたそうです。
 刺された女性は当初のニュースでは命に別状はないとの報道でしたが、現在の信濃毎日新聞の記事では肺損傷で重体との事。そのため駅周辺では朝まで警備が続けられたそうです。先週のストーカー事件といい、悪い事件が続きます。

・ いい花咲いてます@高峯高原(7/22)

 浅間山の登山規制緩和が報道されて最初の日曜日。浅間山周辺はどんな雰囲気なのだろうかと思い、高峰高原・車坂峠周辺まで行って来ました。
 駐車場は満車、浅間山方面に向かった人もかなり居たようです。
 また、浅間2000parkスキー場のゲレンデは↓のようにニッコウキスゲが満開でした。






ニッコウキスゲで検索してみると、日光黄萱が漢字表記らしいです。有名な見どころでは「群馬県の高峰高原」と紹介されていました。まぁ、事実群馬県なんですが、やっぱり、高峰高原と言えば、信州・こもろだよなぁ・・・って感じてしまった。

・ 多文化交流プロジェクト(その3)(7/22)

 先週の祇園祭では神輿を担ぎ、18日(火曜日)からこもろにホームステイしていた多文化交流プロジェクトの台湾・韓国の学生達が、短かった5日間のステイを終え明日東京へ戻ります。
  そして、今日は、そば七で浴衣に着替えてお別れのパーティーでした。こもろのホストファミリーとの5日間の交流は充実していたようで、笑いあり涙ありのお別れパーティーとなりました。

 今後は、東京で学習をした後、解散し、一部の学生は8月4日まで自主的に日本での学習をするそうです。来年は↓のようなイベントをじゃんじゃん告知して、もっと交流が進むようにサポートしたいと思います。

・ 多文化交流プロジェクト(その2)(7/21)

 今日は多文化交流プロジェクト定番・・・の屋台の日なのですが、今回はちょっと予定が変わりまして、ほんまち町屋館で交流会です。
 500円で食べ放題だった今年の交流会、けっこう人が集まっていますが昨年までの相生町の屋台よりも、人数的には少なかった感じ。やっぱり本町の休日よりは相生町の平日の夕方の方が人の流れは多いんでしょうね。
  せっかくの交流イベントですから、色々な人に食べてもらい食文化からの交流を図って欲しいですね。


ほんまち町屋館前。盛況でしたが・・・人通りの限界か。


檸檬愛玉・・・ゼリーみたい?でした。


韓国料理のキムチジジミ(?)と韓国式のり巻き。チヂミは、ピリ辛で美味、韓国のり巻きは「おはぎ」のあんこが、「刻み韓国のり」になった感じ。みんな美味しかった。

・ ちょっとした、気候の話(7/20)

 今日、草刈りをしていると気づいた事が。蜂巣が、草むらの中にあるのです。
 ご存じの方も多いかと思いますが、蜂の巣が低いところにあると雨が少なくて猛暑になり、高いところにあると雨が多くなるという話があるのです。(カマキリが卵を低いところに産むか、高いところに産むかによって翌年の気候を占う話も有名ですよね)
 今年は、私の上司も草刈りをしていて蜂に刺されました。
 すでに、そうだろう!と指摘されてしまいそうですが、今年は、本当に暑い夏になりそうです。

・ 多文化交流プロジェクト2001(7/19)

 小諸Oh!援団神輿を担いだ立教大学の多文化交流プロジェクトのサイトがある事を、本日、作成者本人にお聞きしました。
 このプロジェクトは数年前から続いており、こもろでのホームステイを含めて台湾、韓国の学生が日本の言葉や文化を学プロジェクトです。
 現在は、こもろでホームステイ中のため、サイト更新が止まっていますが、市内6つの家に学生がホームステイしながら小学校を訪問したり、それぞれのホームステイ先で日本語や日本の文化、風土を感じて、それぞれの国に帰っていきます。
 一部、事務連絡っぽいところがあるのも、また愛嬌があって良いですね(^_^;)
 このプロジェクトに参加した学生が、日本とそれぞれの国の架け橋になってくれる事を願わずにはいられません。

・ パン屋さんオープン(7/18)

 相生町で今年の2月から休業していた、相生町郵便局前の「グランマ」の後に新しいパン屋さん「街のパン屋さん」が開店しました。先月ぐらいからパンの職人さんを募集していたので開店が近いのでは?と囁かれていましたが、思っていたより早い開店でした。
  ババリアン、一富士、そしてグランマの撤退で中心商店街のパン屋さんがツルヤ本店のベーカリーと、こもろ東急の地下食品売り場のサンジェルマンだけという状況がしばらく続いていましたが、パン専業店が復活し、空き店舗が一つ埋まりました。この調子で中心商店街の活性化が出来ればいいですね。

中心商店街の活性化と言えば・・・昨年倒産した長野そごうの跡地利用に、マンションを・・・という新聞記事をチラっと見ました。あの規模でマンションを造れば、地元商店街の活性化に繋がる可能性大ではないでしょうか。こもろも、中心商店街の周辺に市営住宅を、それも高齢者向けのものを造るという噂をどこかで聞きましたが、どうなんでしょう。
 市町村合併が進み、こもろが周辺市町村と合併し、市庁舎が移転したとすると、その跡地利用に市営住宅と市営駐車場というのも、有り得ない話じゃないけど、まだまだ先の話か。
 

・ 参議院議員選挙(7/17)

 参議院議員選挙が近づいていますね。長野県でも熾烈な選挙戦が繰り広げられているようです。
 さて、そんな中、全国版の電子メール新聞で、SBC(信越放送)がインターネットと携帯(iMODE&iAPPLI)で開票速報をするとネット上のニュースで流れていました。
 インターネットで配信されるのはこれまでもありましたが、携帯に選挙速報用のアプリケーションをダウンロードして、速報を行うとは・・・。これからは、こういう時代なんだろうなぁと感心しながら記事を読みました。
  さて、「ワイドショー選挙」などといわれ、小泉旋風が吹き荒れる参議院議員選挙。長野県を、そして今後の日本をリードするのはどの政党なのでしょうか。

※個人的には、明朝近くまでかかると言われている開票が早く終わり、当選者が素早く発表される事を祈る・・のみ。

・ 浅間山登山規制緩和!(7/16)

 こもろの活性化策として有力視されていた「浅間山」の登山規制が、ついに緩和(解除ではない)されることになりました。予定では7月23日 月曜日(^_^;)からです。
  厳密に言うと火口から500メートルまでの間は入れませんが、ほぼ浅間山山頂に近いところまで行けると考えて間違いないでしょう。
 
 職場の仲間と、いくつもの山を登ってきましたが、浅間山の自然の美しさ、雄大さは、ちょっと普通の山では味わえません。別格です。
 そんな浅間山の登山規制緩和の検討が開始されてから3年近くが過ぎて、ようやく関係者の願いが叶いました。

 今回の登山規制の緩和のきっかけとなったのが、群馬大学早川教授のサイト。当時、観光関係の仕事をされていた方がCD−ROMの百科事典で火山を検索していたところ、百科事典のリンクから教授のホームページに辿り着き、規制解除(緩和)の可能性を早川教授に相談したのだそうです。ネットワーク時代を感じさせる話題ですね。
  早川教授のサイトでは「街にいるのと比較して100倍程度の危険性」浅間山の安全性を評価しているようです。
 そのサイトでは、当時の岩手山噴火も予想しており、見事的中したとか。

 規制緩和をした後は、行政などが、登山者に火山情報をきっちりと知らせていく事が大切だと思います。登山、特に浅間山のような活火山に登る場合は登山者が自己責任で登るわけです。そのための判断材料となりますからね。

 浅間山の美しい自然環境を守る活動が、出来ればいいなぁ・・・と思っています。例えば山開き前の清掃登山・・・等々。

ん?今日久しぶりに覗いたら、その昔、Dランクだった浅間山がCランクに格上げされているような・・・(^_^;) 昨年の火山性地震の関係でしょうか?

関連サイト
 ・群馬大学早川教授のホームページ
 ・火山危険度ランキング
 ・信濃毎日新聞の記事
 ・小諸市
 ・天狗温泉浅間山荘(火山館コース登り口)
 ・高峰高原ホテル(車坂峠〜黒斑コース 登り口)

P.S.Netscape4.7,Netscape6などで見ると、文字が小さいとのご意見が寄せられたため、ちょっと大きくしてみました。


以前のニュース

2006/1〜6 
2005/12 2005/8〜11(休刊) 2005/7 2005/6 2005/5 2005/4 2005/3 2005/2(休刊) 2005/1 2004/12 2004/11 2004/10 2004/9 2004/8 2004/7 2004/6 2004/5 2004/4 2004/3 2004/2 2004/1 2003/12 2003/11 2003/10 2003/9 2003/8 2003/7 2003/6 2003/5 2003/4 2003/3 2003/2 2003/1 2002/12 2002/11 2002/10 2002/9 2002/8 2002/7 2002/6 2002/5 2002/4 2002/3 2002/2 2002/1 2001/12 2001/11 2001/10(休刊) 2001/9 2001/8 2001/7(後半) 2001/7(前半)  2001/6 2001/5以前はこちら




LastUpdate
04/06/03

ニュース

定番案内

小諸旅企画

食べ歩き

小諸LINK

Column

信州酒街道

酒呑み百姓の会

about
Komoro
Internet
Party

 

 


since 2001/7/1